• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和解成立

  1. 2017/02/18(土) 15:42:02|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2月17日東京高裁で裁判長の提示した和解案を日本スポーツ振興センターが受諾し、災害給付金2800万円が
原告に支払われることになった。
和解案では、2800万円の延滞金は免除という形になったがほぼ原告側の全面勝利である。
これをもって上村明子さんのいじめ自殺裁判は終結した。
スポンサーサイト

東京高裁裁判長和解勧告

  1. 2017/02/02(木) 02:09:11|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
1月30日に東京高裁で行われた日本スポーツセンターに対する災害給付金訴訟で
裁判長は和解案を提示した。被告側が受けない場合は、3月15日に判決が出る。
和解案は原告の主張をおおむね受けた内容。

次回公判は2月17日に開廷される。

日本スポーツ振興センターに対する裁判 控訴審 第一回公判

  1. 2016/12/17(土) 19:12:38|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
日本スポーツ振興センターに対する裁判 控訴審 第一回公判

2017年1月30日
東京高裁で第一回公判が開廷される。

被告日本スポーツ振興センターは、宇都宮地方裁判所が下した判決、いじめと自殺の事実的因果関係を認め原告側全面勝利の2800万円支払えという内容に、何の反論も新たな証拠なしに、形式的に控訴を行った。

第一審では控訴棄却となるか、ひたすらに裁判を長引かせる日本スポーツ振興センターの官僚的行いが続くか注目される。


勝訴

  1. 2016/10/22(土) 00:24:50|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2016年10月15日宇都宮地方裁判所で
桐生市新里東小学校いじめ自殺事件で亡くなった上村明子さんの
事件に関する日本スポーツ振興センターに対する災害給付金の裁判が結審。

被告は2800万円及び利息金を支払えという判決が下った。

被告代理人は裁判を欠席した。

被告側が控訴するかは不明である。

一連の豊洲問題、オリンピックの費用を見ても、この国の文部行政がいかに腐敗しているかがわかる。

第5回公判 12月24日

  1. 2015/12/05(土) 16:56:03|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
桐生市いじめ自殺事件の日本スポーツ振興センター災害給付金裁判は、第5回公判が12月24日に宇都宮地方裁判所で開かれます。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。