• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランク 9月に何があったのか

  1. 2014/03/27(木) 20:21:23|
  2. いじめの事実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
6年2学期 8月25日に新学期となり、9月18日に運動会があった。
そのころ新入学予定児童の体験的行事があった。
そして学級崩壊が進み給食時の孤立となる。

この間のことを校長報告書は意図的に隠している。

その頃の様子絵を表す資料が「振り返りアンケート」である。

学校や市教委はこの資料自体の存在を隠し、ダミーである「第三者員会」さえ
知らせなかった。
天川教諭を「うつ病」で精神病院(上毛病院)に隠したのはおそらく
「振り返りアンケート」の内容とそのほかの事実があったのだろう。
そして教職員は美奈子のことに口をつぐんでいる。
スポンサーサイト

記憶のために

  1. 2013/10/24(木) 17:07:12|
  2. いじめの事実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
明子さんが世話になった教師たちの名前を記憶にとどめましょう。

岸 洋一 校長 生方 友江 教頭 横山 由佳 5年担任 天川 義子 6年担任
小柴 孝志 6年担任 阿部 明美 4年担任 細野 朗生 教務主任 千木良 昌計

社会科見学から自死まで

  1. 2013/04/21(日) 18:15:47|
  2. いじめの事実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

10月21日(木)社会科見学

(朝の様子)
△両親:この日明子さんは、両親の説得により社会科見学に行くことになり、いつものように6時半に起床しピンクのリュックにお弁当を楽しそうに入れていた。そして登校班の集合場所である深沢アパートの駐車場に集合し登校した。

(6年1組の教室)点呼と健康観察のため集合
△明子さんが教室に入ると男児c、男児d、女児A,女児Bの4名が「何でこんなときだけ学校に来るんだ。いつも学校をさぼっているくせに」と明子さんを囲むようにして罵声を浴びせた。すると複数の男子児童が駆け寄り「そうだそうだ、何で学校へ来るんだ」と復唱した。明子さんはショックを受けて泣きだした。加わった児童はクラスの半数で以上男子児童はほとんど加わっていた。

(校庭)児童は健康観察後校庭に移動する。
○折りたたみ傘を忘れて、教室に取りにもどったとき、天川先生と泣いている明子さんとすれ違った。
△明子さんは細野教務主任に腕を引っ張られて連れてこられた。明子さんが来ると児童全体がざわざわした。岸校長は朝礼台で整列した児童に注意事項などの説明をしていた。

(新川駅までのバス) バス同乗者、天川教諭、細野教務主任
△・:バスに乗り込むとき明子さんは寂しい表情をしていた。バスの中でもときどき涙を見せていた。

(昼食)
△昼食のとき明子さんは寂しそうに一人ぼっちで弁当を食べていた。明子さんは頑張って周りの児童に話しかけるが、相手をしてくれる児童はいなかった。
△明子さんは天川教諭、細野教務主任と弁当を食べていた。

(行程)新里東小―バスー上毛電鉄新川駅―中央前橋駅―バスー群馬県庁―前橋地裁
△複数の児童が一日を通して「きもい、あっち行け、帰れ」と言っていた。

(教師の気遣い)
△先生が孤立している明子さんに配慮したとは見えなかった。
○上村さんは朝泣いていた。児童11の後にしがみついて離れなかった。お弁当は先生の近くで一人で食べ、先生に話しかけられていた。
○(児童30)6年1組の児童が教室から出た後、上村さんが残っていたので、児童30が上村に「なんで(教室から出て)行かないん」と言ったら、児童8も「なんで(教室から出て)行かないん」といった。その後A子が「何でこういう時だけくるんかね」と言ったら、児童31が「ねえ」と相槌をうった。児童30は「遅れちゃうから先にいっちゃう」とA子、児童31、児童7の三人と上村に言って、児童8と一緒に教室を出た。児童30と児童8が「上村さんてうざいよね」と言った。児童2たちがいるグループも「上村さんてうざいよね」と言った。児童20が32に「上村ってきもいよね」と言っていた。児童21が「きもい、うざい」と言っていた。児童25が「ゴリラ」と言っていた。
○朝A子が「なんでこんなときだけ来るの」と普通の声で言った。それを児童25が大声で上村さんに向かって「なんでこんなときだけ来るの」と言っていた。
○新川駅で、A子が上村に「何でこんなときだけ来るのか」と聞くと、上村は「A子さんのせいだよ」(悲しそうな顔で)言った。
○A子、児童7が児童27に「うちが上村さんに何でこういう時だけ来るのって聞いたら、上村さんにA子のせいだよと言われちゃった」。児童27が「あんまりそういうこと言っちゃだめだよ」とA子に言った。A子は「ふーん」と言った。
○昼食のとき、県庁の部屋で上村が一人で食べていた。
○電車を待っている時、児童7をはさんでA子が、泣いている上村に「どうしたん」ときいたことにすごい形相で(顔を赤くして本気で怒っていた)「あんたのせいだかんね」と言い争いになった。A子は「え(何で私)」という感じだった。


10月22日(金) 明子さんは学校を欠席する。

10月23日(土) 明子さん命を絶つ
△両親:母親が取り乱し女児Aの家へ電話する。女児A親子が来て駐車場で近所の住民と話をしていた。母親が二人を見つけ近寄ると女児Aは「明子さんをいじめたのは私じゃない○さんだ」と告げた。遺族への謝罪は一切なかった。女児A親子は帰りには笑っていた。

10月24日(日) 夕方6年1組保護者へ緊急集会の連絡がメールで一斉配信される。



6年2学期 運動会、給食時の孤立

  1. 2013/04/20(土) 21:14:30|
  2. いじめの事実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
6年2学期
9月18日 (新里東小運動会)
明子さんはリレーの選手に選ばれる。
△数人の男子生徒が「外国人は足が速い」「ゴリラは足が速いんだ」と言っていた。
給食時の様子(4月から10月まで)
△以下すべて同一児童の証言
4月;学級は班ごとに食べていた。明子さんは班で食べていたが班の児童が机を寄せなかった。
5月;班別に食べる児童もいたが、一部の児童は勝手に席を離れ担任の注意を聞かなかった。明子さんは4月と同じような状態が続いた。
6月;6月半ばまで班で食べていたが複数の児童が勝手に席を離れた。途中から勝手に机を移動するようになった。改善されなかった。明子さんが給食時に孤立するようになった。
7月;月初めに席替えをする。給食中担任が注意しても複数の児童が勝手に仲間同士でグループを作る。1度だけ担任が注意するがその後は投げ遣りになる。
○席が悪い。うるさい子に近い。席はみんなで決める。前は先生が決めていた。

担任の指導により、授業のように縦列で給食を食べるようにしたが、クラスでブーイングが起こった。
9月;2学期が始まり数日後には複数の児童が勝手に仲間同士グループを作り給食を食べる。運動会の後、週に2回ぐらい反省会が開かれた。9月後半にある女児が、「明子さんが1人で給食を食べているけど、こういう状態で食べるのですか」と聞くと担任は「そういう訳ではありません。」と答えた。
二人の女児が明子さんを一緒に食べるように誘うことが数回あったが、明子さんは断った。
10月;担任の注意を全く聞かない状態。明子さんは休みがちになる。
いじめが広がるなか、担任も学校も事態を改善することなく、明子さんは一人で給食を食べていた。
○最初は近くの子と食べていた(上村さんも一緒に食べていたが)が、そのうち自由に席を移動することが始まった。
○児童25が「好きな人と食べていいですか」と聞き,天川先生からOKが出たように思った。
○6列にしてから、A子さんは、席を児童31,児童7のそばに移して食べていた。先生や周りの生徒も注意していたがA子は聞かなかった。
○食べるグループは、誰かが、「好きな人と食べていいですか」と尋ね、「ヤッター」という状態だった。1時5分までに自分の席に戻ればよいと自分たちで理解した。上村さんが一人だったことについては、ふと見たら一人だったが、「なんで」と思ったけど、自分は男だから気にしなかった。他の女の子も気にしていない状態で感じでおしゃべりしていた。そんなに離れているわけではないが、話しかけることはなかった。他の子はグループを作り、上村さんの他に一人で食べる子はいなかった。
○上村が一人になっていたのは気になっていた。時折児童11が声をかけていたのを見た。上村に対して一人で食べているのを見て、影でひそひそ「よくひとりで食べられるよね」というようなことを友達同士で話しているのを聞いた。あちこちからひそひそ声で話しているという感じで誰が誰に言ったか特定できない。自分は個人的には普通に取り留めのないことを上村さんと話した。何か悩みを相談されることはなかった。
○一人でいるのはわかっていた。かわいそうだな、誰か一緒に食べてあげればいいのにと思っていた
給食の時間のいじめ
△男児a,bらが「うえゴリ菌がうつるから食器に触るな」と言った。
女児A,Bらの女子児童も「お前がさわると給食が食べられなくなるだろう」と言った。
△保護者証言:「うえゴリは家でご飯が食べられないから給食を食べに学校へ来ているんだろう」ということは、児童だけでなく保護者も言っていたようだ。
△明子さんが言われた言葉
「うえごりがさわったものなど食べられるか」
「お前が近寄ると食欲なくなるよな」
「近くにいると給食がまずくなる」
「あっち行け。廊下で食べろ」
「お前はしゃべるな、バイキンが飛ぶから」と言われ明子さんは給食中口を閉ざすことになった。
△数人の男子児童が給食に消しゴムのかすを入れた。明子さんは気付かずに食べた、その後6年1組と2組の男子児童が明子さんに「お前は、何でも食べるんだな。やっぱりゴリラじゃねえの」と言った。
給食時の担任の様子
△担任は教務机で食べていた。1人で食べている明子さんに何も声をかけていない。
先生は教務机の近くのグループに話しかける様子はあった。
9月に明子さんは2,3回担任と給食を食べることがあった。
家庭科の時間 担当は天川教諭
△家庭科の時間の班で2組の男児cが明子さんに付きまとい「雑用係」などと言われ明子さんは泣いた。その日父親が迎えに来て頭痛ということで早退したが本当の理由は違う。この頃から頭が痛いということが多くなった。

6年7月、8月

  1. 2013/04/20(土) 16:07:50|
  2. いじめの事実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
7月
△「臭い、あっち行け、給食を一緒に食べない、容姿のこと、バイキン。
机に落書きをする。(2組の児童も)。

(登校時・下校時の様子)
△明子さんは登校班の班長で明子さんは頭痛がしても責任感から役割を務めていたが、深沢アパート敷地内に集まる八幡地区の登校班に、自分の子供たちを一緒に行かせない保護者が複数いた。
△下校時には前嶋と一緒だったが後をついてきて通りで男児bなどがよく「うえゴリ」妹のことを「ちびゴリ」というように囃したてた。

夏休みの地区行事
明子さんの同じ地区にはいじめ児童う、児童bがいる。
(ラジオ体操)
八幡地区の育成会行事として夏休み前半に八幡住民センターで行われる。
△明子さんは参加していない。
(鼓笛練習)
学校行事として学校で行われる6年生は参加しなければならない。
△明子さんは参加していない。
ソフトボール大会
育成会行事として新里総合グランドか学校校庭で行われる。
△明子さんは参加していない。
8月
(夏休みプール開放)
学校行事として最低5日間は参加しなければならない。
△母親:明子がプールに向かう途中で複数の6年生の男子児童から「お前がプールに入るとうえゴリ菌がうつるだろう、帰れ。お風呂に入ってないんだからプールに入ると汚いだろう」と言われたと話した。明子はそれからプールに行かなくなった。
△自分は友達から明子さんがプールで男子児童に突き落とされたという話を聞いた。
△桐生タイムス記事11月5日:明子さんがプールに突き落とされるいじめを受けた。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。