桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校のいじめへのアプローチ2

  1. 2013/09/29(日) 13:17:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
続きです。

以下引用と私見(青色)
さて、最近山本修司さんが編集された『いじめを絶つ!毅然とした指導3』(教育開発研究所)という、2012年に刊行された本を読みました。この本の副題は、「子どもの命を守った現場教師たちの実践」で、豊富な具体例をあげていじめ対策の実践が書かれています。異なった場所で発生したいじめのメカニズムと展開は、驚くほどよく似ています。

そして、山本さんは、「問題行動に対して『まずは彼らの心情や背景をじっくりと理解しよう』などというピント外れの指導観が教師間に激しく叱責されないことをいいことにして児童生徒たちのモラルが低下し、学校の規律は乱れ、いじめの指導も徹底できないという状況が生まれる」とし、「改善の方向性は、一部の教員や教育評論家が主張するような『受容的・共感的』な指導であってはならない。そのような指導では絶対に事態を好転することはできないからである。いじめを迅速に解決することはできないからである。いじめを迅速に解決するためには、『何があろうとも、ダメなものはダメ』という毅然とした指導が必要」(12頁)と述べられています。

(私見)「毅然とした指導」には、一定の同感を覚えます。ただこれは、別に新しいことではなく、体育系や生活指導の教師の得意としていることです。
街の中で交通警官が怒鳴っているかというとそうではなくて彼らはにこやかに「はいそうですね、9000円」といって違反者に交通切符を切ります。こういった社会ルールを守らせる違反と罰則で交通規制しています。
これは別にカトリックをどうこう言うわけではありませんが、私に知った範囲では少し前のカトリック教育は、定規を膝に挟んで座らせるなどの体罰を容認していたようです。また尻叩きも。
こういう怖れで矯正する方向はもうそぐわないでしょう。

私は、あなたのお子さんが悪い事をしたと保護者に通告することが良いと思います。それを担任ではなく、校長や教頭が行うべきだと思います。





スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。