• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子だって被害者ですよに対する意見

  1. 2013/07/09(火) 11:31:12|
  2. 市民の会の意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
以下のコメントに対する市民の会の1員の意見を書きます。

以下「 」内が引用、※が意見。
「我が子だって被害者ですよ
どうも意にそぐわないコメントは悪意あるムラ意識の強い住人と思われているのが納得いきませんが。
我が子だっていじめられた事くらいありますよ。」
※こちらには悪意ある住民の宣伝行動に対する警戒心が強いのは事実です。

「変なあだ名をつけられたり、仲間はずれにされたり、しばらく頑張っていたけれどついに限界が来て「学校に行きたくない」と泣いて訴えた時だってありました。
ちゃりこ父さん同様、学校へ行かない選択をしました。親があまり干渉するのもよくないとも言いますが、我が子が訴えて来た以上、子供では手に負えないって事なんだと思いましたので、その後の学校とのやりとりは全て子を介さず対応し、解決するまで学校へ行かせるつもりもないという姿勢を通しました。幸い担任の先生が尽力してくれて関係する児童全てに個々に話を聞いてくれ、我が子も落ち着いて自分を振り返る事ができ、最終的には解決し学校へ行くようになりましたが。」
※いじめに対して、あなたが行った対処については大変ご努力なさったと思います。またそういう経験の交流も始まれば他の保護者の参考になると思います。

「学校のなるべく穏便に、事を荒立たせず的な対応は痛いほどわかっていますし、我が子にさえとばっちりがこなけりゃいい的な保護者はこの学校に限らず今の時代の象徴ではなかと思います。
それに我が家も引越してきたのでこの地区の昔の出来事も知らなければそれといってこの地区に執着もありません。ただ引っ越す費用も目的もないのでとどまっているだけです。」
※人一人が亡くなっていることについて、「穏便に」すまそうという対応ですまされることではないでしょう。
※自分の子供さえよければいい。はまだしも自分の子供が加害行為をしてもいいでは困ります。

「明子さんはとても心の優しい素直でいい子だった事も知っています。
他者のアドバイスをしっかりと学び、それをちゃんと行動にうつせるとても柔軟性のある子供でした。
私が納得いかないのは、明子さんが亡くなった理由全ては学校でのいじめによる事だけなのですか?って事ですよ。
いつもその類の質問をすると、誹謗中傷だのとはぐらかされますが、どんな選択をしても果たしてそれは正しかったのか?と悩むように、普段の生活から反省し学ぶべき事は一つもなかったか?って事ですよ。
いじめられたいじめられたと言うけれど、いざ家庭内の類を聞くとプライバシーと言って多くを語らず。
ハーフだから、引っ越して来た住人だから。
なじめなかったから。」
※家族の人が我が子の自殺を防げなかったことの自責は他のどの被害者家族の親も持っています。そしてこの原告も。
しかし、離婚家庭や不幸のある家庭だからいじめられることも事実で、いわば二重苦にさらされ子供が犠牲になるのです。

「周りが全て悪いといわんばかりのこの空気にとても違和感を感じるのです。
親だろうが人間です。大人だって間違いはあります。
思いやって時にはぶつかって間違って考えて話し合って協力しあっていくのが家族であり人間関係なのではないでしょうか?
そういった、人間くささがこのブログ始めこの会には感じられないのがどうも不気味で違和感があります。」

※この会の「空気」に不快感を持たれているようですが、「空気への不快感」でヒステリックになるというのは、おかしいと思います。他者がどう感じ、どう考えるか自分と同一にしなくてもよいでしょう。
この会の趣旨は、学校を安全と思って送っている親がその学校で安全が守られなかった責任を問うという市民として当然の権利を主張いるのは正当であるということです。
※このブログでは、コメントはオープンですが、あなたの趣旨にあわせてブログの空気を変えることはできません。必要ならばあなたがブログを開き、あなたの「空気」で主張を展開してください。また「学校、市教委を守る会」を作るのもあなたの自由です。

「ところで妹さんはその後いかがですか?
楽しく毎日を過ごしておられますか?
子供の笑顔は宝です。彼女の未来が平和と笑顔に包まれることを願ってやみません。」
※個人情報です。あまりそういうところに首を突っ込まないのが常識だと思います。

※最後に。あなたのように少なくともご自分の意見を言う方はマトモデアルト思います。
 ところで、学校関係者が一言も発しないのは異常だと思いませんか?
 一人の少女が亡くなったことについて、何も思わないのでしょうか?
 そういう空気の方が不気味だと私は思うのですが。

以上は公式見解でなく1会員の意見です。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/07/09(火) 18:49:50 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
いろいろと共感できます。
学校は、学校を安全と思わせて学校を運営し子供を学校に通わせたわけです。
安全でない学校ならば、「うちの学校は安全ではありません」と言うべきです。
私が、今、無力ながらも訴えていることは、「まともでない学校ならまともな学校でありません」と教育関係者を正直にさせることです。起こしてしまったことにも正直であるべきだし、これからのことを未然に防ぐためにも、最低限、正直であれ、ということです。こんなことは本来、人間として当たり前のこと、それを、子供を教える立場の教育関係者たちができない。最低だと思う。
人間らしさが感じられないのは、教育関係者の側である。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。