• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめの連続線 事実はもっと大きい

  1. 2013/08/11(日) 18:59:14|
  2. 市民の会の意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
明子さんが新里東小に転校してから、丸2年おそらくいじめの連続だったのではないか。
第7回公判で明るみ出た学校側の記録隠しや、記録の改ざんからは、表に
出ていないいじめがまだ存在したと思われる。

この公判では主に5年生のことが語られた。しかし次の記録も証言もない。
その中でも、学校キャンプの事ー15人の児童にXがつけられていた。
運動会の練習ーリレーに選ばれるのはアフリカ人だからという発言。
運動会の後のカウンセラー記録が丸2カ月ない事。
など不明のことが多い。
また同時期に活動していたミネギシ学校カウンセラーの記録がない。
カリビアンビーチに行った後の面談記録

また4年3学期に多かった欠席の理由は、かぜといじめである。
そのときに理由を聞いた阿部明美教諭は驚いたと書いている。
しかし校長はその話は全く知らないとと言っている。

ここには偽証の可能性もある。

これはとんだ大きなヤマにぶつかってしまったものだ。
まだまだ証拠も証人も必要だ。span>


関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/08/12(月) 21:54:56 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
亡くなった、命を奪われた、学校や教育関係者に殺された子供が、明るみにでていない更なるたくさんのいじめを受けていたとイメージすると辛くて辛くて堪らない。

教育関係者、というだけで、いじめてもいい、軽蔑してもいいという法案でも通してもらいましょうか。

明子さんはもう主張することさえできないのだから。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。