• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市教委はなぜ担任を雲隠れさせたか。 当時の記事から

  1. 2013/09/03(火) 00:54:56|
  2. 学校と市教委の隠蔽過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
市教委はなぜ天川教諭に医師を派遣して「うつ」と診断させて秘密裏に入院させたか。
当時の記事が見つかったので掲載する。(「隠居老人のつぶやき」サイトからコピーしました。)

<群馬・小6自殺>担任「いじめあった」…学校側と食い違い 毎日新聞 2010/11/2
 群馬県桐生市立新里東小6年、上村明子さん(12)が自殺し、遺族が「いじめが原因」と訴えている問題で、担任教諭が県警の聴取に対し「明子さんへのいじめがあった」と認めていることが1日、捜査関係者などへの取材でわかった。学校側はこれまで「いじめという認識はなかった」と説明しており、学校と担任の認識が食い違っている。
 明子さんは10月23日、自宅で自殺した。遺書は見つかっていない。捜査関係者と学校関係者によると、担任への聴取は明子さんの学校での生活や、自殺までの経緯について説明を求めるために行われた。担任はこの中で、同級生が明子さんを無視したり、給食時に明子さんを避けて座るなどのいじめがあったと説明したという。
 同小の岸洋一校長は会見で、「5年生の時に母親から『いじめられた』という訴えがあったことは確認できたが、明子さんの勘違いだった。明子さんからいじめに関する特別な相談はなかった」と説明していた。【喜屋武真之介、塚本英夫】

おそらくこれが真実であろう。どう担任が姿を消したのはこの一週間あとだった。あまりにも出来過ぎている。
今は桐生警察に統合された大間々警察の調書にそれが残っているのだろう。そして彼女は市教委が行った「警察で何を聞かれたか」という逆聴取には、警察で言ったのと同じことは言わなかった。または市教委がその文書に手を加えたと思われる。なぜなら彼らは児童の手紙も検閲して書きなおしさせているから。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/09/03(火) 08:39:09 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
なぜ、雲隠れさせたか。
簡単。
隠蔽、保身、口封じのため。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。