• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ被害者の子と心療内科へ

  1. 2013/09/12(木) 19:18:36|
  2. 関連ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
今日は被害者の子と心療内科へ行った。

まだ恐怖心が強く「思い出したくない」状態で
食べようとすると吐き気がしてしまう。
体重は依然7kg減ったまま。
この状態が続くと成長だけでなく健康維持ができない。

でも表面は笑って明るくしようとしている。
一方大人社会は「普通のケンカ」に矮小化する動きが見える。

持久戦の様相を呈している。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/09/12(木) 20:19:02 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
もし、何のしがらみもなく、心と体を健康に保ったままで生活を送ろうとしたら、そんな学校は捨て去るべきだよね。
ところが、今の世の中では、おいそれと、そんな選択肢を採れない状況になっている。私達みたいにはね。
結局のところ、教育行政ってのは、あるいは教育関係者という卑怯者たちな、そこにつけこんでいるわけだ。
だからこそ、価値観を根こそぎかき回して、変えていくべきだと思う。
フラットにしてこなかったのは、奴らの責任だしね。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。