• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主主義は自浄作用 一点突破

  1. 2013/09/15(日) 17:46:14|
  2. 市民の会の意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
日本人の思考法は、サッカーの4-3-3とか4-4-2などのシステム信仰に
犯されていないか。

現実の教育現場でいじめとどう戦っていくかという方法論でも、制度を問題にすると
逆に諦め論につながっていく恐れもあると思う。

または「教師は敵」のような過激論に収束するきらいもある。

「市民の会」のスタンスとしては、あくまでも一点主義で、具体的ないじめ事件に
ついて被害者、加害者はだれか。安全確保義務を怠ったのはだれか。隠蔽をしたのは
だれかということにこだわりわりたい。

時代背景や、教育制度的な分析は並行して行っていくが、古典的に違法で悪はだれ、
正義をどう実現するかという積み重ねで、周囲の意識をかえていくしかできないのではないか。

「悪人は眠らせない」ことが肝要である。


関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/09/16(月) 16:10:27 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
ありがとうございます。
私もそう思います。
私達の戦い方を忘れてほしくないし、
明子さんが生きて苦しんだことを忘れたくない。
それが、原点であると思う。

  1. 2013/09/15(日) 23:51:16 |
  2. URL |
  3. 市民の会
  4. [ 編集 ]
皆が足並みをそろえるよりも
逆にそれぞれぞれのスタンスで
主張を続けることの方が
相手にとっても怖いのではないでしょうか。

だから二枚腰、三枚腰でそれぞれの地点で
できうることを重ねたらよいと思います。

点から線、線から面というイスクラ(火花)
測ってのロシア革命前の戦法ですが
点は点でいいじゃないですか。

  1. 2013/09/15(日) 22:19:59 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
自分は無力な存在かもしれないけど、そこはスタンスが違うので。
私は、腐りきったこの制度をぶち壊す方向しかないと思っているし、リアルタイムで苦しんでいる人間を呪縛から解いていくために、そう訴えていく人間も必要だと思っている。
実現可能かどうかは二の次だし、当然、不法行為をするつもりはないけどね。
学校制度なんてひどいものが、かつてはあったよね、となればいいと思っている。
よく見積もっても、国家の国民統制手段でしかない。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。