• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ問題の意見交換の場の創出について

  1. 2013/09/21(土) 10:52:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
コメントを通じて「ちゅりこ父」さんと「ベルナール」さんの意見交換感がされています。
大変有意義だと思います。このブログは開かれた場所なので、パネル・デイスカッションのようになってより多くの方が意識変革をしてある力となって現状を打破するようになっていただければと思います。
その場合「掲示板」の活用もいいのかと思いますが。どうでしょうか?
とりあえず、ちゃりこさんのブログはこのリンク先にも載っています。

ここではベルナールさんのコメントについて市民の会の意見を述べます。
以下引用。
「有名な「葬式ごっこ」の鹿川君から桐生市の例まで、いじめは、まず学級崩壊から始まっています。児童に「将来なりたいもの」を挙げさせると、たいていその中に小学校の先生が入ります。そういうクラスでは、先生が知的・道徳的なロール・モデルになっているからです。しかし、学級崩壊が始まると、学級に充満する暴力衝動がはけ口を求めるようになります。旧約聖書のエレミア書に「平と正義を行い、物を奪われた人を、しえたげる者の手から救い、異邦の人、孤児、寡婦を悩まし、しえたげてはならない」(22章3節)とあります。特に「異邦の人、孤児、寡婦」を保護すべしとなっているのは、共同体が危機に陥った場合、「外国人、女性、子供」が真っ先に犠牲になるからです。桐生の事件の場合は、犠牲者がこの3つのカテゴリーの全てに当てはまっています。学級崩壊の後にいじめが激しくなるのは、学校内でも学校外でも同じだと思います。まず先生が知的・道徳的なロール・モデルを提示し、「自分もそのようになりたい」と思わせるようなイニシアティヴを採らない限り、「学級崩壊の後にいじめ」という悪循環から抜け出せないのではないでしょうか。」
以上引用。

以下私見。
 ベルナールさんの分析で提示された旧約聖書の観点はとても重要で、西洋民主主義のヘブライズム的源泉として社会的弱者を庇護するという思想は日本人にはよく理解されていないと思います。民主主義を多数決主義と捉えるような浅薄な考え方に覆われていますから。
そしてベルナールさんは良識的に学校のいじめ問題を捉え、解決する「ある限界内で取りうる選択肢」の一つを示していると思います。

①最悪の結末に至った「いじめ―自殺事件」の中に「知的・道徳的ロールモデルでない教師→学級崩壊→暴力衝動のはけ口→犠牲者」という図式が現象的に見えます。

②少し安直ですが、それを裏返すと「知的・道徳的ロールモデルとしての教師→学級崩壊の阻止→暴力衝動が弱まる→犠牲者はでない」というのが、ベルナールさんの提唱ではないでしょうか。

③しかし、ベルナールさんの言う「知的・道徳的ロールモデル」つまり聖職者としての教師とはイギリスで作られた近代公教育制度の補完装置としての「いい人の典型」そのものではないでしょうか。おそらくこの出発点自体に
ちゃりこさんの言う「先生」のうさんくささと偽善性が取りついていると思います。いわゆる酒を呑んだとき「助平」なのが「医者・教師・代議士?」などの先生稼業と言われる職業だといいます。だから公教育自体を疑う姿勢を持つことが必要でさらには公教育の奇形タイプである日本の公教育を是正することが現実的対応としても必要です。

④教室空間と児童・生徒について見れば、歴史的に1965年に導入された偏差値方式が、もともとクラス(階級)で分類された特殊集団を「暴力衝動のはけ口を弱者に向ける場所と化した」ことが1985年ころ親もその価値観に一元化したしたことが背景にあるでしょう。
ですから国家や文科省や産業主体の求める労働力創出への一神教に洗脳された中では問題の解決は困難でしょう。









関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/09/21(土) 21:19:23 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
ベルナールさん、あなたはあなたのスタンスでいればいい。ただし、私からみれば、綺麗事、一般論を並べられるのは、痛みを感じていないからだと(私は)感じる。一般論は入学前の心得としても、もう通用しない。
それから、私のスタンスがレアだからといって否定するのは、結局のところ、マイノリティいじめと同じ。ミイラとりがミイラになる、とはそういうこと。
ご自分の持論をご自分のエリアで繰り広げていればいいだけのことですよ。
私は私の怒りや、不当に侵害されたことを私のやり方で訴えていくだけで、違法なことはしないので。

  1. 2013/09/21(土) 19:23:20 |
  2. URL |
  3. ベルナール
  4. [ 編集 ]
ちゃりこ父さん、追加です。

「学校なんていかなくていい世の中を、少なくとも行かないことで不利益を被らない世の中を作っていくべきだし、今まで何の根拠もなく、威張り散らしたり、悪行三昧だった教育関係者はスケープゴートにされても仕方ないと思う」

いえいえ、そうではないでしょう。私が問題にしているのは、他ならぬ「スケープゴート」を生むシステムそのものです。子供は「スケープゴート」になってはならないが、「教育関係者はスケープゴートにされても仕方ない」などという発想では、単なる対抗暴力にしか行き着かないでしょう。誰かを「スケープゴート」せざるを得ないことが必然だという発想こそが解体されなければならないのです。聖書は、道徳書ではありません。例えば、「殺せ!殺せ!」という声に押され殺害されたイエスは、「スケープゴート」を生むシステムそのものを明るみに出すための「スケープゴート」、つまりそれを最後に「スケープゴート」を生む呪術的な思考を停止させるための最後の供儀なのです。聖書にあっては、悪は常に群衆の側にあります。「群衆」による迫害的思考を明るみに出すことこそ聖書のプロジェクトであり、付和雷同して他者をいじめる子供たちにその非を教える、すぐれて実践の書なのです。

  1. 2013/09/21(土) 18:56:52 |
  2. URL |
  3. ベルナール
  4. [ 編集 ]
ちゃりこ父さん、市民の会さん、こんばんは。

まず、ちゃりこ父さん、相手の投稿内容を正確に読まれて下さい。「苦しんでいたときの明子さんに聖書を説いて、どうにかなっただろうか」というご発想の由来がわかりません。実際に話せる場に自分がいたとしたら、「逃げろ、いま登校する必要はない」と言ったでしょう。いじめ事件は、まるで判で押したような定型パターンがあり、いじめに先立つ学級崩壊のきざしを教員が見逃すなということです。

「学校なんていかなくていい世の中を、少なくとも行かないことで不利益を被らない世の中を作っていくべきだし、今まで何の根拠もなく、威張り散らしたり、悪行三昧だった教育関係者はスケープゴートにされても仕方ないと思う」

。。。というご指摘には、にわかに同意できませんし、私以外の読者にも共感する方は少ないでしょう。問題なのは、制度としての学校ではなく、学校のあり方です。教育をめぐる現代日本の問題のありかは、市民の会さんが「国家や文科省や産業主体の求める労働力創出への一神教に洗脳された中では問題の解決は困難でしょう」と的確についていらっしゃいます。人間のあらゆる営為を直近の利害損得に還元する社会のネオリベ的発想が学校空間にも貫徹し、弱肉強食の市場原理が日本社会をあらゆる暴力衝動(パワハラ、セクハラ、いじめ)で充満させているのです。

「視点を、リアルタイムで苦しんでいる子供に置けないからたくさんの子供がなくなってきた」

。。。これも失礼ながら即断に過ぎると思います。その「視点」とは誰の視点でしょうか?親ですか、教員ですか、それとも社会一般ですか。「子供」もまた、そうした社会関係の相関のなかにいるのであり、いじめが発生するメカニズムを解明せずして、学校問題の解決はないでしょう。これは、生存権に関する最重要の問題ですから。

  1. 2013/09/21(土) 11:05:19 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
申し訳ないんだけど(実際には、ちっとも申し訳なくなんてないよね、ただの良識的な挨拶だよ)、聖書の言葉やなんかは、リアルタイムで学校に苦しめられている子供たちには何の役にもたたないと思う。
視点を、リアルタイムで苦しんでいる子供に置けないからたくさんの子供がなくなってきた。
苦しんでいたときの明子さんに聖書を説いて、どうにかなっただろうか。
学校なんていかなくていい世の中を、少なくとも行かないことで不利益を被らない世の中を作っていくべきだし、今まで何の根拠もなく、威張り散らしたり、悪行三昧だった教育関係者はスケープゴートにされても仕方ないと思う。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。