• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな証拠 本日の弁論準備

  1. 2013/09/27(金) 18:34:48|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
本日午前10時半より、前橋地裁で弁論準備が行われた。

その席で、裁判所が要求した平成23年度夏に行った6年1組のアンケート結果が提出された模様。
内容は、クラスが「学級崩壊」状態で、「クラスに泣いている子がいても先生は放置している」
「態度の悪い子に強く注意をしない:」などがあり、学校の安全管理義務違反を示すものが出てきている。
また今後は第三者調査委員会の調査結果を提出させる方向である。

市民の会としては、裁判長が積極的に指揮していることに「いまどき稀有な」人が担当していることに
驚いている。
そして、いよいよ学校や市教委の隠蔽が崩れ始めていると同時に、第三者調査委員も「恥を知れ」と言われる日が近いと思っている
関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/11/04(月) 17:49:17 |
  2. URL |
  3. ベルナール
  4. [ 編集 ]
2011年(平成23年)11月4日における前橋地裁で行われた民事裁判では、桐生市側が、小学生の自殺はまれであり、予見可能性を否定しました。平成20年の小学生の自殺はゼロであって、自殺は「特別損害」だと主張していますが、これは虚偽の主張であり、下掲の警視庁資料(補表3-1の「職業別自殺数」)が示すように、平成20年度の小学生の自殺数は9人です。

http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki81/210514_H20jisatsunogaiyou.pdf
「平成20年中における自殺の概要資料」(警視庁生活安全局安全区画課)

  1. 2013/09/29(日) 20:52:27 |
  2. URL |
  3. ベルナール
  4. [ 編集 ]
桐生市いじめ自殺事件は、発生当時から世界各国で報道され、前橋地裁の司法判断は、日本だけでなく海外でも注目されています。


* Bullied in Japan, pre-teen half-Pinay commits suicide(英語)
http://www.gmanetwork.com/news/story/204711/pinoyabroad/
bullied-in-japan-pre-teen-half-pinay-commits-suicide

* SOS bullismo dopo suicidio di una dodicenne(イタリア語)
http://newsdalgiappone.com/2010/11/11/sos-bullismo-dopo-suicidio-di-una-dodicenne/

* Bị bạn bè cô lập, một học sinh tiểu học tự tử(ベトナム語)
tựtửhttp://vietbao.vn/Giao-duc/Bi-ban-be-co-lap-mot-hoc-sinh-tieu-hoc-tu-tu/20944600/202/

  1. 2013/09/28(土) 17:18:19 |
  2. URL |
  3. 市民の会
  4. [ 編集 ]
一宮の市教委が裁判に負けて「いじめと認定されたのは残念」と記者会見。
それについてYahooに次のような書き込みがあった。

愛知では、管理職試験の時期になると、教委幹部や校長の口座に百万単位の金が振り込まれるという噂が絶えないけど、こういうのを見ると、やっぱりなと思うわ

現実はこのようにドロドロした裏があると思います。

  1. 2013/09/28(土) 17:17:04 |
  2. URL |
  3. 市民の会
  4. [ 編集 ]
一宮の市教委が裁判に負けて「いじめと認定されたのは残念」とコメントした。
それについてYahooに次のような書き込みがあった。現実はこのようにドロドロした裏があると思います。

愛知では、管理職試験の時期になると、教委幹部や校長の口座に百万単位の金が振り込まれるという噂が絶えないけど、こういうのを見ると、やっぱりなと思うわ

  1. 2013/09/27(金) 20:59:44 |
  2. URL |
  3. ベルナール
  4. [ 編集 ]
ご指摘のように、児童アンケートが極めて重大な性質を帯びていると思います。他のいじめ事件と本件の際だった違いは、その《公然性》です。「いじめが教師の目に触れないようこっそりと行われ、しかも、被害者がなかなか親や教師に救済を求めず一人でじっと堪えていることが多いとなると、教師に不法行為責任の成立を認め、学校設置者あるいは教師個人の法的責任を追求することは容易ではない」(藤村啓「『いじめ』とその法的問題」ジュリスト836号)わけですが、同じクラスの児童たちは、「クラスに泣いている子がいても先生は放置している」「態度の悪い子に強く注意をしない」等証言しています。

また、給食時に机を班単位にわけ、座る場所を児童たちの恣意に任せました。その結果、上村さんは一人孤立してしまい。その孤食常態が継続しました。新潟青陵大の碓井真史教授(心理学)は、「みんながグループで食べている中、客観的に見てこれだけわかりやすいいじめはない」(『読売新聞』2010年11月20日)と指摘しています。

もちろん、児童間の親睦を深めてもらいたいという、担当教諭の主発点における善意は疑いを入れません。しかし、その意図は実現せず、試みは失敗しました。担任は、この段階で、机を授業時と同じ位置に戻すべきだったのです。

それがなされなかったために、上村さんは、「孤立させられ、『肉体的な拷問』ではなく『精神的な拷問』を受け」(加野芳正『なぜ、人は平気で『いじめ』をするのか』253頁)ることになったのです。それは、人間としての尊厳を傷つけ、侮辱されたまま放置されることに他なりません。

「クラスに泣いている子がいても先生は放置している」「態度の悪い子に強く注意をしない」、そして孤食を放置する等々は、このいじめ事件の《公然性》を示すものであり、いじめがなかったなどと言い逃れすることはできません。

おそらく、担任は、「いじめに気づかなかった」のではなく、「結果的に孤食を強いることがいじめである気づかなかった」のでしょう。桐生小学生いじめ事件が、他の事件と著しく異なっているのは、この「不作為の作為」といじめの《公然性》です

  1. 2013/09/27(金) 19:00:39 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
いじめ何たら法が施行されるけど、法律が変わると、卑怯者が卑怯じゃなくなるのかね。
今までは、法に触れなかったから卑怯者でよくて、法が変わると対応が変わったりするのかね。
笑止千万。
引き続き、学校制度の廃止へ向けて、真実暴露のみ。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。