• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校で体罰を受けたらどこに訴えたらよいか

  1. 2013/10/19(土) 08:48:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
もし児童が体罰を受けたら、そして特別支援学校の児童で自分で訴えることができない場合
親はどう処理したらよいか。その窓口は。

特に訴える窓口が、学校と教育委員会が直通で隠蔽しようとしたら第三者機関はどこか、知恵を貸してください。

参考に、文科省では次のような通知を出しています。(抜粋)
体罰根絶に向けた取組の徹底について(通知)25文科初第574号 平成25年8月9日
2.徹底した実態把握及び早期対応
(1)体罰の実態把握
教育委員会及び学校は、実態把握の方法が十分であるか点検し、日頃から主体的に体罰の実態把握ができる方策を講じ、継続的に体罰の実態把握に努めること。
(2)報告及び相談の徹底
学校の管理職は、教員が体罰や体罰と疑われる行為(以下「体罰等」という。)を行った場合に、教員が管理職等へ直ちに報告や相談を行う環境を整備すること。教育委員会は、体罰等が発生した場合に迅速に対応できるよう、生徒指導担当部局と服務担当部局との適切な連携体制等を整備すること。
体罰等の報告・相談があった場合、学校の管理職は、直ちに関係する児童生徒や教員等から状況を聴取し、その結果を教育委員会へ報告するとともに、被害児童生徒の受けた心身の苦痛等を踏まえ、その回復のため真摯に対応すること。また、教育委員会は、学校からの体罰等の発生の報告を受け、事実関係の正確な把握など必要な対応を迅速に行うこと。加えて、県費負担教職員の服務監督権者である市町村教育委員会においては、都道府県教育委員会に事案及び対応措置を報告すること。
(3)事案に応じた厳正な処分等
教育委員会は、体罰を行ったと判断された教員等については、客観的な事実関係に基づき、厳正な処分等を行うこと。特に、以下の場合は、より厳重な処分を行う必要があること。
 1 教員等が児童生徒に傷害を負わせるような体罰を行った場合
 2 教員等が児童生徒への体罰を常習的に行っていた場合
 3 体罰を起こした教員等が体罰を行った事実を隠蔽した場合等
関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/10/19(土) 19:01:49 |
  2. URL |
  3. ちゃりこ父
  4. [ 編集 ]
体罰した教師に、体罰加えてやって、咎められたら「許してにゃん」

それでいいはずでは?
相手は腐れ外道ですよね。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。