• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ音楽の授業でケガをしたのか

  1. 2013/11/26(火) 11:56:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
R君が腕にひっかき傷のようなものを負った事故。
それは、「授業には入れないでいた同級生がふざけて強くつかんでしまった」という学校の説明があった。
しかし普通楽しいはずのなぜ音楽の授業でそのようなことが起こったか。

その謎が解けた。

ある音楽の授業の目撃証言によると。
音楽の担当教師が、非常に大きな音でCDかテープで音楽をかけた。

普通児童よりも聴音が敏感な生徒たちは、一斉に耳を塞いでこれを嫌がった。
しかし特別支援教育の知識があるはずの音楽担当は、これを無視した。

T君は耐えきれなくなって椅子を投げつけるなどの粗暴行為に及んだ。

そのような伏線があった。

※聴覚過敏についてネット(yahoo知恵袋)では次のような記述がある。
「ご懸念のように異常な聴覚過敏は、自閉症やダウン症、アスペルガー症候群など脳神経の異常によって現れるこがあり、鬱病や偏頭痛などの治療薬で脳神経に作用する成分を持つ薬品で聴覚過敏が現れることが確認されていることから関係があるのではないかと考えられています。」


関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。