• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月6日結審

  1. 2013/11/27(水) 19:52:10|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
桐生市と群馬県を訴えた桐生市新里東小学校いじめ自殺事件は、12月6日午前11時より前橋地方裁判所にて結審を迎えます。
双方の代理人の最終弁論が行われ、3月14日に判決が下される模様です。
当日は傍聴券配布が予想されるため、傍聴希望者は、1時間前に裁判所ロビーに参集することをお勧めします。

また、加害児童保護者を訴えた裁判は、11月29日(金)午後3時半より前橋地方裁判所で進行協議(非公開)が
開催されます。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 2013/12/01(日) 17:25:22 |
  2. URL |
  3. ベルナール
  4. [ 編集 ]
明子さんの一周忌に追悼ミサを行ったカトリック教会は、クリスマスの4つ前の日曜日から待降節(Advent)に入りました。クリスマスは、元々は古代ローマの冬至祭が起源であり、冬至は、一年で一番昼の時間が短い日ですが、春の復活祭を臨み、日は一日一日長くなって行きます。

教会は、冬至祭を祭り日に取り入れ、「正義の太陽」であるキリストの誕生日として祝うようになりました。明子さんに関する裁判の最終弁論から判決までの期間は、ちょうど待降節から復活祭の時期に相当します。

この民事裁判を通して、日本に再び「正義の太陽」が登り法の支配が回復され、学校からいじめ事件をなくす戒めになる判決が出されることを願ってやみません。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。