• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤立する桐生市教育委員会 他の教育員会は謝っている

  1. 2014/03/26(水) 15:13:15|
  2. 関連ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
本日のヤフーで次のような記事が掲載された。
もはやいじめがなかったなどと居直れる時代ではない。
頑なに傲慢に居直っている教育委員会はは数少ない。

2年にわたるいじめで190万円取られ不登校に…弘前の中学生が生徒10人提訴

Web東奥 3月25日(火)
2年にわたるいじめで190万円取られ不登校に…弘前の中学生が生徒10人提訴

記者会見で問題を解決できなかったことを陳謝する佐藤教育長(左)と佐藤忠浩学校指導課長

 弘前市内の市立中学2年の男子生徒(14)が、同じ学校の生徒10人から、2011年から13年までの間に計約190万円を取られ、適応障害で不登校になったとして、生徒とそれぞれの保護者に慰謝料など約4150万円の損害賠償を求める訴訟を青森地裁弘前支部に両親とともに起こした。提訴は7日付。弘前市教育委員会は24日、記者会見を行い、佐藤紘昭教育長が「重大ないじめがあった」として陳謝した
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。