• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり 学校関係者は最重要資料を秘密裏に廃棄した

  1. 2014/03/27(木) 00:04:25|
  2. 学校と市教委の隠蔽過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
3月14日に原道子裁判長が判決の説明で何度か繰り返した言葉があった。

それは「振り返りアンケート」という言葉であった。
今まで自殺後の10月29日に行った「学校生活アンケート」というものがあった。それさえも岸校長は
内容を抜き書きして換骨奪胎したものだった。

しかしこの「振り返りアンケート」は明子さんの自殺の1か月前頃に書かれたものである。そこに明子さん自身の
心情やクラスの様子が書かれている重要資料である。

しかし今まで学校関係者や市教委はその存在すらも隠していた。これが公になったのは昨年末裁判所が関係書類提出命令を出してしぶしぶ提出したものである。

しかし、市教委が提出したのは集計結果だけであった。児童たちが書いた原文はA教諭は「学校にあるはず」と言っているのに提出されなかった。このアンケートの作成にかかわったのは岸校長、生方教頭、園部生徒指導主任らである。
彼らの誰かが、いや共謀で闇に葬ったのであろうか。

市や県が控訴するならば、証人尋問で明らかにしたい点である。
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。