• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

争点3 続き いじめ児童への指導はなされたか

  1. 2014/06/01(日) 19:16:12|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
(3) 校外学習で、「なんでこんなときだけ来るんだ」といった児童への指導をしていないという判決文は過ちか。
 控訴文はAに指導がされているというが、学校側は意図的にいじめをA子に矮小化しようとしている。放火の首謀格の女児が2,3人、男子も必ずしも不良児でなく、教師の顔色を見て態度を変えるリーダー格も含まれている。
彼らに対して指導がなされたという記録はない。葬式の日にも態度が悪い児童がいたことも目撃されている。
学校側の重要関心事は学級秩序の維持であった。新宮集会場で、PTA,育成会役員に教師や市教委関係者が同席して
「とにかく今いる子供が大事だ。余分なことは言わないように」という恫喝がされている。

関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。