• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判官より和解案が渡される。  8月19日の高裁和解協議

  1. 2014/08/20(水) 10:20:28|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
8月19日午後4時半から東京高裁で和解協議が開催され、裁判官は控訴人(桐生市)と被控訴人(上村夫妻)の
それぞれ別に協議をしました。裁判官は第1回公判で述べたあっせん案を骨子とした文書を提示しました。
しかし今回は和解に至らず、協議は次回に持ち越されました。

次回の和解協議は9月30日午後4時半から行われます。
高裁には桐生市の支援者と東京方面の支援者がかけつけました。また支える会のメンバーが外国人子弟教育に関わる教師の研修会でこの裁判について訴え、カンパを集め、その中から3万円が市民の会に手渡されました。
市民の会ではこのご厚志を引き続き原告の交通費援助や地元での広報活動などに使わせてもらう予定です。

みなさん、桐生市と群馬県が第一審の判決を謙虚に読み解き、2度と悲劇が起こらないようするため、被害者家族には謝罪をして、安全配慮義務を怠った関係者には相応の処分をするように働きかけをしましょう。
(関係機関)
桐生市長
桐生市教育委員会
群馬県知事
群馬県教育委員会
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。