• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務上過失致傷 

  1. 2014/09/12(金) 00:30:49|
  2. 市民の会の意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
例え意図的にその人を傷つけることでなくても
怠慢によってあるいは過失によって他社に被害を与えた場合にはその責任を問われる。
それが業務上過失致傷の意味だと思う。
さらに業務上過失致死という言葉もある。

これは責任が重い。なぜなら死に至ったのだから。
それだけで「ふつうの」教育長ならばうちひしがれて当然である。
自分が手を下さなくても、あの時自分には何かできたのではないと行って自分を責めるのが
日本人の情である。特攻隊でも死んでいった占有に負い目を持って残りの人生を過ごした人もいるという。

だから、これらの桐生市教員委員会のメンメン、恥知らずに教頭や校長になっていた者たちのは、教育者以下の
道徳的退廃を感じる。異臭がプンプンとしている。

極言すれば・・・。業務上過失致死、あるものは公文書隠匿、または偽造みたいなものが、体育館の壇上で」訓示を述べている桐生市清流中学校、中央中学校らの光景が異様でないと誰が言えようか。

犯罪者グループが児童生徒に、「人の道」を説く、病んだ末期症状の社会である。
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。