• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本スポーツ振興センター、無責任な公営保険、公営ギャンブルか?

  1. 2015/09/08(火) 18:51:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
日本スポーツ振興センターという得体の知れない名前の機関
国民は、そこから何をする組織かイメージが持てないでいる。

これは言って見れば文科省官僚のための集金代理組織 collecting agent である。、
今回の災害給付金で見ると。
以前「学校安全会」と称していた児童生徒の安全保険を管理している。
この支払は学年はじめに父母から集められるお金と、市町村からの支出が当てられている。
一見、民間保険に比べて公的機関が良いことをしているように見えるが、その元は税金である。
この「任意でなく強制保険」、これは自動車の自賠責のようなものである。
この財源がすっかり文科省の天下り組織に入るのであるから、「おいしい」筈である。

そして支出に関しては、民間の保険会社よりも査定が厳しい。というよりいい加減である。
ある時は出し、あるときは出さない。
なぜそんないい加減さができるかというと、他の会社との競合がないので、何しても平気なのである。

今回の裁判の争点では、
学校でいじめがあったことは認める。しかし相当因果関係が認められないということで抵抗している。
しかし弁護士さんによると、行政裁判における損害賠償の要件として「相当因果関係」が必要とされても
保険の場合は事実的因果関係で十分なのだという。

ところで桐生市教育委員会の青少年スポーツ課担当者が言うには、その頃自宅の火災事故で家が焼失した
家族には50万円が支給されているという。
この場合、「相当因果関係」はあるのか?学校でマッチやらいーでも配ったのか?
それとも火災保険条項が付いているのか?
まったくもって不明なケースである。
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。