• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pubulicという名をかぶった国民支配

  1. 2015/10/14(水) 18:12:56|
  2. 市民の会の意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
pubulicという言葉の意味を、peopleから来ていると解するのは曲解か。
一人で行えないものを共同で委託して行う教育。
欧米では私立学校はこのような形態を取るところがある。
だから私学でもpubulicである。
日本の公教育とはこう見たとき国家教育と言った方が当たっている。
教育内容も国家が決め、地方の教育委員会も形骸化されている。
おまけにPTAなるものが、何をしているか分らぬが関東大会とか全国大会などと
文科省の提灯持ちをしている。

こういう国家教育の何が危険か。
ひとつは思想統制。画一的人間像の育成である。
しかしそれと同時現在危ないのは、国家的教育産業にのシステムが構築され
児童生徒や父母たちが収奪の対象とされていることである。

その利害をむさぼるものはほかならぬ教育を謳ったまたは騙った文部官僚や
変な大学、各種学校であり、安いアルバイト労働力を使うコンビニや飲食業界である。

こんなところまで日本は来てしまった。
そして生徒はますます気力をそがれ、生きる意欲を奪われつつある。
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。