• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年

  1. 2015/10/27(火) 23:39:56|
  2. 裁判関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
10月23日は明子さんの命日であった。
5年が過ぎた。周りの者は老いていき、事件を知る者も忘却したかに見える。
仏前に明子さんのショートカットの写真が飾ってあった。
亡くなる直前の写真だという。
その写真は他の写真のようにまっすぐとこちらを見つめている。
まるで生きているかのように。
語りかけるかのように。
そうまだ終わっていないのだ。決して成仏していないのだ。

10月29日午後3時半から宇都宮地裁で日本スポーツ振興センターを訴えた裁判の
第3回公判が開かれる。話では相手側は弁護士が変わるという。
何も熱意もないくせにただただ抗弁するその姿は醜い。
それがこの国の教育関係機関だとは。

今年の命日にも新里東小学校や桐生市教育関係者の姿は見えなかった。
一人の少女の死を悼む心はとうに、いや元からなかったのかと思える。
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。