• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにが甘いか

  1. 2017/03/28(火) 20:41:51|
  2. 市民の会の意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
いじめ事件に対する対応
いまもいじめ事件が起きている。
その対応について
日本人の甘すぎる対応があると思う。
ほとんどが権力関係なのだ。
つまりは多数、もしくは有力者が専横に暴力をふるい
それを権力におびた公権力、有力者サイドの教育員会と
成り上がりのの管理職、校長、教頭がPTA役員などと連携した
隠蔽工作などだ。
それに気づかない
または一般化する風潮もみんな甘い。
何よりもわが子を殺された親が騙されてはいけない。
それが本質なのだ。

その本質を踏み外してはすべてごまかされていく
関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。