• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

桐生市いじめ自殺裁判  勝利の記録

桐生市いじめ自殺裁判に勝利するまで

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力不足

  1. 2012/03/29(木) 01:03:15|
  2. 関連ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
残念ながら地元への広報不足により
加害児童は反省もせず
またいじめをしているという情報が入っています。

学校も市教委もいじめはなかったと居直っていることの結果がこれです。

支援する会は引き続きいじめをなくす活動と裁判を監視する活動を続けます。
関連記事
スポンサーサイト

本当にすべきこと

  1. 2012/06/08(金) 12:38:26 |
  2. URL |
  3. 地元学生
  4. [ 編集 ]
私は、地元住民さんの言うこともわかる気がします。

確かに、一市民として明子さんの事件は忘れてはいけないし、加害生徒への怒りも忘れてはいけないのだと思います。
でも、それに固執するあまり見失ってしまうものもあるのではないでしょうか。

A子始めとする加害者を排除したら、それでこの問題は終わるのですか?
彼女に批判を浴びせて、何が変わりますか?
考えなければ行けないのは、本当に「そこ」なのでしょうか?

残念ながら、明子さんの命が失われてしまったという事実は、取り返しのつく物では有りません。
でも、だからこそ、第二、第三の明子さんを出してはいけない。
もう、こんな悲劇を繰り返してはいけない、そう思うなら、必要なのはただ単に加害生徒への怒りではなくて、
冷静な検証なのではないでしょうか。

なぜ、この事件が起こったのか。
それを明らかにすることが裁判の目的でもあったはずです。
そしてそれを明らかにすることで、更なる加害者の増加を防ぐことが出来る可能性がうまれる。
それはすなわち、被害者、明子さんのような悲劇を生み出さないことへの第一歩です。

自分の子供が、兄弟姉妹が、被害者になる可能性は誰にでもあります。
そして、同時に加害者になる可能性も誰にでもあるのです。
それは、これを読んでいるあなたにも、そして書いている私にも等しく言うことが出来ます。
ほんのちょっとのきっかけで、その積み重ねで、本当に人間は変わる。
あなたがたがすべきなのは、加害生徒への批判よりも、自分の周りの子供たちを見守り、正しい方向へ導くことなのではないですか?

少なくとも、こんなところで言うどんな一言より、そのほうがよっぽど「いじめの無い社会」へ貢献できると思います。

こんな人たちが

  1. 2012/04/13(金) 01:57:44 |
  2. URL |
  3. あきれた 地元住民
  4. [ 編集 ]
あきれた 地元住民

この人の書いたコメントを読んでると
明子さんがなぜなくなったか
よくわかります。

丸で犯罪者の居直りの論理です。
恐ろしくなります。
これが地元の(桐生市新里地区住民の)
常識なのですか?

人殺しの論理

支離滅裂ー破綻を告白

  1. 2012/04/10(火) 22:18:33 |
  2. URL |
  3. 地元を知る人
  4. [ 編集 ]
正義とは被害者の苦痛、この場合は死亡という最も重い結果
を引き起こした加害者がそれ相応の処罰を受けること。
また事実を隠蔽した者も、管理責任がある者も
それに応じた処罰を受けることです。

これはこの地区ではどうだか知れませんが、
古今東西、世界普遍の正義です。

この会の目的は正義を守ることです。
何を勘違いしているのかこの人は
失笑を買うだけですよ。

No title

  1. 2012/04/10(火) 10:53:41 |
  2. URL |
  3. 地元住民
  4. [ 編集 ]
報道や事件発覚後の経緯でしか知らない人は正義感を振りかざして言いたい放題で楽だと思います。
非人間性だとか、地区の品位だとか、外国人差別だとか。
それはこの地区だけに限った事なのでしょうか?
被害者を守るだけが正義ですか?
加害者をたたくだけが正義ですか?
そもそもこの会の趣旨とはなんだったのでしょう?
いじめのない世の中にするために発足したのではないのでしょうか?
そんな世の中にするにはまず、大人が見つめ直さなくてはならないのではと思います。
こんなコメント欄でさえもちいさな「いじめ」の種が芽を出しそうなくらい
些細な事から始まるのですから。
今の世の中、自分がよければ、自分の子供さえよければそれでいいって親が多すぎます。
昔は子供のためなら・・・と、身を削るのが親だと思っていましたが。
「大人」は恐い存在でした。悪いことをしたら近所の人も我が子同然に叱ってくれたし、我が子同然に手を差し延べてくれました。
そんな世の中にするにはどうしたらいいか
それを考え行動していく事が大事なのではないでしょうか?

他人のうちを覗く者へ

  1. 2012/04/08(日) 12:19:03 |
  2. URL |
  3. こんな地元でなくてよかった
  4. [ 編集 ]
元地元民とは書けば書くほど
その非人間性が明らかになる

そんなに他人の素性を明らかにしたいのなら
A子、B子、C子、D男、E男
などのいじめ首謀者の現状、担任の隠れ先を明らかにしなさい。

真空スポット

  1. 2012/04/06(金) 06:46:31 |
  2. URL |
  3. 地元を知る人
  4. [ 編集 ]
ここに被害者攻撃を仕掛ける人がいますが、書けば書くほど
新里地区の品位を下げることがわかっていないのでしょうか。
外国人差別をあらわにして加害児童やその家族を守るとは
日本の中でも道徳の真空スポットとでも言うしかありません。

中途半端な支援ですね

  1. 2012/03/30(金) 00:29:22 |
  2. URL |
  3. 元地元民
  4. [ 編集 ]
地元とは?
上村さんの引っ越し先ですか?
引っ越す前の地域の事でしたらご心配には及びません。
明子さんの出来事から沢山の事を学ばせていただき、
改めて基本である家族の絆や家庭での関わり方の大切さを噛み締めながら地域ぐるみで子供にかかわっていこうと行動していますから。
ただ心配なのは明子の妹さんです。
引っ越す頃にはほとんど学校へ行ってませんでしたね?
運動会も欠席でしたし
家からもほとんど出ていなかったので
引っ越しを機に気持ちを切り替えて
明子さんが果たせなかった
義務教育を全うして色んな世界を見て感じて勉強してほしいです。
そんな当たり前な環境を
今度こそ作ってあげて欲しいと切に願います。


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。